埋没か切開か二重手術方法に迷ったら大阪のクリニック

二重

メスを使わない二重手術埋没法の痛みの程度

埋没法の二重手術はメスを使わないのであまり痛くないと思われている方も多いと思いますが、デリケートなまぶたの裏を縫うので、実は結構痛みが強い手術です。
そのため、美容外科で二重の手術を行うと、細菌感染による化膿を防ぐために抗生物質が処方される事は大体の方が予想できると思いますが、痛いので痛み止めも処方されます。
もちろん手術前に局所麻酔の注射が行われるのでまぶたの裏側を縫う時の痛みはほとんどありませんが、1時間程経って麻酔が切れると徐々に痛みが強くなり、引っ張られているかのような不快な痛みが出てきます。程度的にはこんな感じで、「手術が終わったらお買い物をして帰ろう」と考えていても、麻酔が切れた時には「買い物どころではない。とにかく早く家に帰って大人しく静かにしておきたい」に変るくらいの痛さです。
そのため、遠方から二重埋没法の手術を受けられる方は手術を受ける日はゆっくりできるクリニックの近くのホテルへの宿泊を検討された方が精神的にも肉体的にも負担が少ないでしょう。また、クリニックでは埋没法の二重手術の場合、3日程度で腫れが引くと説明されると思いますが、実際は5日(体質による)程度かかる場合もあるので、土日で埋没法を受けるのは避けた方が無難です。

choices article

メスを使わない二重手術埋没法の痛みの程度

埋没法の二重手術はメスを使わないのであまり痛くないと思われている方も多いと思いますが、デリケートなまぶたの裏を縫うので、実は結構痛みが強い手術です。そのため、美容外科で二重の手術を行うと、細菌感染による化膿を防ぐために抗生物質が処方される事は大体の方が予想できると思いますが、痛いので痛み止めも処方されます。もちろん手術前に局所麻酔の注射が行われるのでまぶたの裏側を縫う時の痛み…

»more

二重の手術の方法としてあるのが

二重にするための手術というのがいくつかあるのです。その一つとしてあるのが二重埋没法になります。それにもさらに種類がいろいろとあるのですが、その一つが瞼板法になります。これは希望の二重のラインに合わせていき、瞼板に糸を結びつけることによって、二重にしよう、というやり方になります。これを瞼板法というのです。こうすることによって、二重にすることができるようになっています。糸を軟骨に結びつけ…

»more

二重の手術としての切開

二重手術といえば埋没法があるのですが、それ以上に良い方法があります。それが二重全切開法になります。これは要するに完全に切開をする方法であり、極めて効果としては高くなります。全切開というのは、目の上の皮膚を切るのです。そして、そこを縫合することになります。この方法は物凄く効果が高くあります。まさにくっきりとした二重のラインを作ることが可能になっています。また、余分な瞼の脂肪も取り除くこ…

»more

リーズナブルな二重手術として

二重にしたいがなかなか費用的な問題があるとか或いはメスを入れるのが怖い、心理的に抵抗がある、という人は多いでしょう。そうした人には二重整形のなかでも気軽にすることができる埋没法による二重整形をお勧めします。これは大きく切開することがありませんから、はじめての整形手術であろうともそこまで抵抗感がない、ということで人気になっています。埋没法であれば、非常に簡単にできますから、ダウンタイムもそこま…

»more

TOP